達人と呼ばれるプログラマーとは

達人と呼ばれるプログラマーである条件として、探究心の強さが挙げられます。加えてプログラムに無駄が無く、シンプルでありながら求められる機能を充分に果たすものを組み上げることができる人と言えます。つまり、その目的を果たすために必要なスキルは自分自身独学で身に付けることが可能となる人です。

そもそも達人と呼ばれる人たちはプログラミングが好きで、その技術は独学で取得しているものです。現在はプログラマーの不足により専門学校で学ぶ人も多いものです。けれどもその必要が無い人と言えます。さらに普段から論理的思考を実践しているために、常に効率の良さを求めることも特徴となります。仕事に対しても非効率なことを嫌うために、与えられた仕様書の通りに単純に作業を行うことは無いものです。

求められる機能は何か、その仕様書に不備が無いかなども調べるものです。必要があればクライアントとコミュニケーションをとり、その不備に関して話し合うことまでできるものです。これは全て、効率良くプログラミングが行えるようにするための事前準備ですが、目的のためにはそのような労力を厭わないというわけです。

つまり、達人と呼ばれるプログラマーは、基本的なビジネススキルを事前に身に付けていることになります。自分が追求するプログラムのために、誰に教わるわけでもなく自分で修得しているわけです。このような自発性も必要な要素となります。そして自分で必要となるスキルは自分で身に付けていける、それが達人のなせる技なのです。

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*