研鑽を忘れない達人プログラマーの心構え

プログラミングは奥が深く一筋縄ではいきません。プログラミングを学べば学ぶほど、まだまだ知らないことがあると痛感するでしょう。それはプロのプログラミング技術者になってからも直面することです。仕事に慣れてきて、十分に実力が身についたように思えても、もっと上の実力者が世の中には大勢います。

プログラマーにとって技術の研鑽には終わりがなく、ずっと技術を磨き続ける心構えが必要です。貪欲にスキルアップを続けてきたプログラマーは、やがては達人と評価されるほどの地位にまでたどり着けます。技術力で高い評価を得ているプログラミング技術者も、始めからそのような高度なスキルをもっていたわけではありません。着実に一歩ずつ知識と経験を身につけ、技術力を磨いてきた結果によるものです。そのため、たとえ現状で実力不足を痛感しているプログラマーであっても、これからの取り組み次第では達人になれる可能性が残されています。

新しいプログラミング技術について、常に吸収する前向きな姿勢が必要です。知識だけに留まらず、自らプログラムを構築して試行錯誤する経験も求められます。さらに、ライバルとなる競争相手を見つけるのも有効です。そもそも、プログラミングに興味をもち面白いと感じている技術者なら、他人に促されなくとも自ら積極的にスキルアップに熱心です。そのような人は、将来達人のプログラミング技術者として認められるような素質を持っているように思います。

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*