プログラマーの達人の必要性について

現在はオブジェクト指向によるプログラミング環境が整っていることから、プログラマーにはさほど高い技術は求められなくなっています。それは、既定のコードを埋め込む形で仕様書に書かれたプログラムは出来上がるからです。

ただし開発すべきシステムは多く、現場では多数の人材が必要とされています。そのような環境の中で達人と呼ばれるプログラマーが必要とされます。主にプロジェクトの設計はシステムエンジニアが行っていますが、1人でその管理全てを行うのは難しいものです。普段はクライアントとの進捗状況の確認や他の部署との打ち合わせなど、すべきことが山積みなのです。そのために進行管理を行う補助として、プログラミングに精通する人材が必要とされます。

メンバーそれぞれの進行状況をチェックしたり、わからないことがあれば相談を受けたりすることになります。またプロジェクトが大きくなるほどにバグの修正作業もかなり手間がかかります。それは、複数の人が関係するコードを横断的にチェックする必要があるからです。そのような難題に取り組むためにも、達人と呼ばれる高いスキルを持ったプログラマーが求められているのです。

また、起こりうる問題に対処するために仕様書の修正が必要な時にも、クライアントに上手く説明することが必要となります。そのような専門的なことを上手く説明するためにも、技術に精通した人が必要となります。それに加え、単なる技術者としてではなく高いコミュニケーションスキルをもつ達人プログラマが求められる傾向が強いのです。
コミュニケーションは苦手だと言うプログラマもいるかもしれません。しかし、本当は社交的ではないけれどコミュニケーションスキルは持ちあわせていることが多いのです。詳しくは「達人プログラマーを目指して」をご覧ください。

コメントする

あなたのメールは 絶対に 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTML タグと属性が使用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*